上のメニューをクリックするとその帯の課題に行けます。

++++++++

級と段


 テコンドーの級・段制度は、級は10級から始まり1級まで、
段は、一段から始まり、最高段位は九段となります。
級の帯は色には個々の修練段階を象徴する意味がこめられてます。

------------------

色帯は

無級:白帯
9級:
白帯黄色線
8級:
黄帯
7級:
黄帯緑線
6級:
緑帯
5級:
緑帯青線
4級:
青帯
3級:
青帯赤線
2級:
赤帯
1級:
赤帯黒線


こんな順番で昇級していきます。

--------------------

昇級・昇段審査は、
技術だけでなく人格の発達、
克己心や粘り強さも評価の対象となり、
級の審査は所属道場の師範、副師範により行われ、
段の審査は3段までは各国テコンドー協会が定めた委員会が行い、
4段から8段は、国際テコンドー連盟の昇段委員会で行なわれます。
9段については連盟の特別委員会における委員会全員一致の承認で決定されます。
 また1段〜3段は副師範、
4段から6段は師範、
7段、8段は師賢、
9段は師聖という称号が与えられます。
さらにナ拳道には、
修練者でなくとも普及に努めた優れた人格者の功労を称えた名誉段制度があります。

++++++++++++++++++++